バスピンはデパスやエチゾラムに続く選択肢となる抗うつ剤です。

バスピンはオススメです!

バスピン

うつの症状でお悩みの方が多い時代です。

 

そんな方々に、抗うつ剤ならバスピンをおすすめします!!

 

抗うつ剤って聞くと怖いイメージがありますが、現代社会では当たり前のように処方されている薬なのです。

 

用法用量を守って使えば、良い生活が送れると思います。

 

バスピンとは、【バスパー】という抗うつ剤の【ジェネリック医薬品】になります。

 

不安障害、不眠症などの改善に使われている医薬品です。

 

抗うつ剤で有名なのはデパス、エチラーム、エチゾラムという薬などですが、それに代わる抗うつ剤としては【バスピン】がおすすめです。
デパスなどとは成分が違うので一緒に飲むことはできません。

 

バスピンはデパスなどと同様に落ち込んだりした時に服用するのが効果的です。

 

そして気持ちが和らいだ時に服用すればうつになりにくくもなります。
そして不眠症でお悩みの方にも、催眠効果があるため改善効果があり、寝つきがよくなります。

 

もちろん抗うつ剤というのは、うつ病を元から解決するわけではない方法ですが、その方向に持っていくためには欠かせないものだという意見もあります。

 

抗うつ剤によって気持ちが安らぐ事で少しずつ、うつの治療をしていけばよいと思います。

 

バスピンの良い点はその副作用が他の抗うつ剤と比べると軽いものだとされていますので、気軽に使用できるという利点があります。

 

副作用の強いデパスなどのように、その購入が制限される事もなく使い続けられるというのも良い点だと思います。

 

実際にデパスの代わりにバスピン、バスパーを服用する抗うつ剤として人気が出ている現状なのです。

 

そしてバスパーのジェネリックという事でバスピンは非常に安い価格で購入できるという意味でもおすすめです。

 

ジェネリック薬というのは、その薬の開発、臨床試験などで期間、その莫大な費用がかかっておらず、特許が切れたものと同じ成分で製造、販売している薬なので、非常に安価で購入できるものを言います。

 

今やどの薬でもジェネリック医薬品に助けられている患者さんは非常に多い時代なんです。

 

もちろん抗うつ剤というのは精神的な薬なので、怖いイメージがあると思います。
その副作用もやはりありますので注意が必要です。

 

バスピンの副作用は軽めとはいえ、その副作用は頭痛やめまい、倦怠感、強めの眠気などの症状がありますので、把握した上で服用してください。

 

何故バスピンがおすすめなのか、
もっと詳しく記事を載せていきますので、ぜひお読みいただければと思います。

バスピンってどんなの?

バスピン

バスピンとは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。

 

抗不安薬で一番有名なデパスと並んで人気が急激に上がってきているバスパーのジェネリックです。

 

人前で焦ったり、不安が出てきてしまうような症状がある方には効果的です。

 

日本ではまだ厚生労働省の承認を受けていませんが、海外だと多くの方が抗うつ剤、抗不安剤として使用されているのです。

 

バスピンはデパスなどと比べてその安全性が高くて、その依存も現れない事も人気の秘密なのです。

 

バスピンの特徴

 

バスピン

バスピンの有効成分はブスピロン塩酸塩という成分です。
バスピンは成分量の違う二種類【5mg】と【10mg】があります。どちらも飲む錠剤です。

 

インドのインタスという会社は2006年に設立する製薬会社です。インドでは第4位の実績がある企業となっており、信頼性は高い会社とされております。
インドの国内市場では5%以上のシェアを持っています。製造施設の投資を行っている会社になっていて、肝機能、整形外科、心臓病などに使われる医薬品を取り扱っており、国際的な承認も受けています。

 

ちなみに有効成分のブスピロン塩酸塩というのは日本では未承認なのですが、海外では主流とされている成分となっていますので、ご安心ください。薬の認可には数年もの時間がかかるものですから。
今までのデパスなどの抗うつ剤に見られていました、依存性、耐久性、退薬症状が出ないという安全性の高さが何より人気の秘訣だと言われています。

 

バスピンの効果

 

バスピン,効果

・不安感
・緊張感
・不眠症
・入眠障害
・焦燥感

 

バスピンは、セロトニン5-HT1A受容体作動薬で、アザピロン系の非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。

 

脳内伝達物質のセロトニン神経活動を刺激する事で、
ドーパミンやアドレナリンといった気持ちを高めさせる神経伝達物質を増やして、
緊張や不安、憂鬱な気持ちを抑える為、
うつ病、不安障害に効果的な薬となっています。

 

脳内の興奮を和らげるために不安を抑える作用があるので、不眠症の方、睡眠に障害がある方にも効果的だとされています。
特に生活の上で不安による寝つきの悪い方などに向いているとされています。

 

そしてバスピンに関しては他の抗不安剤と比べて、効果の現れるのが緩やかなので、その依存性、副作用が低い為、安全な抗不安剤として非常に人気を博しています。

 

バスピンの副作用

 

バスピン,効果

・目眩
・立ちくらみ
・強い眠気
・頭痛
・神経過敏

 

バスピンは優しめの抗不安剤ですので、副作用は弱くて、安全性が高いとされている抗不安剤ですが、
もちろん個人差はあります。

 

立ちくらみ、目眩、強い眠気、頭痛などの副作用が出てしまう可能性があるので、よく把握してお使いください。

 

服用量の変更や他薬との併用を考えている場合は必ず医師への相談のもと行ってください。

 

そして稀ではありますが、重い副作用が出る方も可能性としてはあるため、そういう事があったなら医師に必ずご相談してください。
バスピンはうつ病や不安症なの精神的な病気を改善させる抗うつ剤です。
不安感を感じたり、焦り、緊張を感じたりしてしまうといういわゆる不安障害を抑える効果があるとされています。
有効成分、ブスピロン塩酸塩が脳内セロトニンに働きかけ、セロトニンの濃度を挙げてくれる効果あり、あらゆる不安障害に効き目があるようです。
精神的な作用のある薬なので、運転、高所などでの活動がある場合は余計な危険が伴いますので服用を避けてください。

 

そして不眠症にも効果を発揮します。
うつの方の中には夜眠れない、といった不眠症の症状も持ち合わせてる場合が多いです。
気持ちが和らぐ効果があるので、眠れない夜がある時などは服用すると、寝つきが良くなる効果があると証明されています。

 

効き目もあり、副作用も弱いとされていますので、
強い抗うつ剤に抵抗がある方は、まずはバスピンから始めてみるのがよいかもしれませんね。

 

引き続き詳しくバスピンを掘り下げていこうと思いますのでお読みください。

バスピンの飲み方は?

バスピン,効果

抗不安薬というと、デパス、エチラーム、エチゾラムが有名です。

 

デパスは抗うつ剤という有名で、デパスの代わりになる薬も多く増えています。
バスピンも同じ抗うつ剤です。
あらゆる不安障害の改善目的に使用されています。

 

その飲み方も用法用量を守って服用すべきものになります。

 

効く症状として全般性不安障害といいます。
これはなんとなく不安が継続してしまう心理状況で、感情のコントロールが難しくなるという症状になります。
精神的な疲れが起きやすくなってしまって、日常生活を普通に過ごすのが困難になってしまいます。

 

そこでバスピンは脳内の神経伝達物質に作用し、不安を減らす効果があるとされています。

 

バスピンは1日二回~三回服用する事ができます。
1日辺り15mg~30mgで、摂取してよい最大量は60mgまでなので、それ以内で服用するようにしてください。

 

バスピンの服用タイミングですが、就寝前が良いとされています。
そして一日に6錠までとされています。

 

抗うつ剤、抗不安剤で最も有名で多くの方に使用されていたのは、デパス、エチラーム、エチゾラムです。
インドにあるインタスファーマと呼ばれる製薬会社が開発したジェネリック薬です。
これらはうつ病、自律神経失調症などの症状を治療する精神安定剤になります。

 

しかし2016年10月には薬事法で輸入禁止になってしまったので、今までデパスを服用していた方々はデパスの代わりになる薬が必要になってしまいました。
そこでデパスの代わりにバスピンの人気が高まったという経緯になります。

 

もちろん他の精神安定剤同様、抗うつ剤や睡眠薬を併用して使用するのは危険です。
そしてバスピンは使用後の副作用として、強い眠気と立ちくらみが起きる可能性があります。

 

なので仕事中や外出中よりは自宅で就寝前に飲むのが良いとされているのは、安全に横になれるような環境下で飲み、副作用など何があってもいいようにという事になります。

 

精神安定剤を飲んでも効果が出ない場合ももちろんあります。
それはしっかりとその仕組み、効果を把握しておく事が大事になってきます。

 

要するに症状によって、自分に合った薬が変わるという事です。

バスピン

風邪薬でもたくさん出ていますが、自分の症状に合ったものを服用するのと同じ事ですね。
ですので、まずは自分の精神的症状はどんなものになるのかをしっかりと把握しておく必要があるという事です。

 

その症状の種類やどの薬剤が効くのか、によってその人の身体に合った薬もそれぞれ効果も違っています。
それもあってか病院などで処方されるものは副作用が少ない薬からその人に合ったものを出していく傾向にあるようです。

 

睡眠薬以外の効果は即効性があるものが少ないので、薬選びに関してはよくその効果を確かめながらやっていくようにしましょう。

 

睡眠薬は持続効果に違いがあるため、寝つきの悪さ、途中で起きてしまいがち、など症状によって選びましょう。

 

精神安定剤としては、その成分にも違いがありまして、中には使用していくと耐性ができてしまって、効果が弱まってしまう場合もあります。
だからといって量を増やすのではなく、医師に相談し、その解決策を決めてみれば依存せずに済む場合もあります。

 

精神的な薬なのでデリケートな問題です。
飲み方をしっかりと考えての服用をしてくださいね。

 

まだまだ記事は続きます。

バスピンの併用禁止薬

バスピン,併用禁忌

バスピンとの併用が禁止されている薬としましては、抗うつ剤や抗パーキンソン病の薬として使用されています。

 

【モノアミン酸化酵素阻害薬】
鼻水、アレルギー症状薬、酔い止めの薬にも成分が含まれている

 

【抗ヒスタミン薬】
そして同じ効果のあるカテゴリーの薬との併用は、副作用が増大してしまうので、他の精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬との併用も危険なので併用しないようにしましょう。
アルコールとの併用も禁止です。
またバスピンは妊娠中、授乳中の女性、高齢の方、肝機能に疾患がある人は使用禁止になっています。

 

バスピンの離脱症状

 

バスピン,離脱症状

バスピンは、離脱症状が現れづらい、安全性の高い抗不安薬となっております。
もちろん個人差があり、離脱症状が出る場合もありますので、薬を減らす、薬を断つ、という際には注意が必要です。
それが重度の場合は医師に相談してください。

 

バスピンの離脱症状としましては、
不眠感、不安感、不快感、震え、筋肉痛、震え、頭痛、吐き気、食欲不振

 

離脱症状は、病気の症状どうこうでなく副作用によって症状が出るので、しっかりと把握して対応していくことが大事です。

バスピンのレビューは?

バスピンのご紹介をしてきましたが、その実際の使用した口コミ、レビューがきになるところだと思います。

 

ぜひご参考にしてください。

 

■30代男性

デパスの代わりになるものを探していましたが、これが一番良かったです。
デパスが手に入らないので、これからはバスピンを使っていこうと思っています。

…有名なデパスの代わりに使っている人が非常に多いようですね、その効果が証明されていますね。

■20代女性

不安症で電車にも乗れないくらいだったのですが、バスピンを飲めば乗れるんです。
しばらくはお世話になりそうです。

…形は様々ですが、こういった不安症の方にも効果があるようですね。

■20代女性

病院行くのに抵抗があったので、こういった安い抗不安薬が手軽に手に入ってよかったです。

…精神的な病気なので、病院に行くのも難しいという方には個人輸入代行で購入するという常識ができているようです。

■30代女性

ヘビーなうつ患者でした。
以前使っていた抗うつ剤よりも、効果も副作用も軽めなので、これで依存症から抜け出せそうな気がしています。

…うつへの脱却するための一歩として使ってる方も多いようですね。

■50代女性

寝つきが悪くなってきたので、使用し始めました。
他の睡眠薬と違って、無理やり眠気が来ると言うよりは、ゆっくり眠気が来て、自然に起きる、といった感じで非常によい睡眠が得られるようになりました。

…バスピンの特徴は強すぎない効果ですね、高齢の方でも安心して使用できているようです。

■40代男性

仕事に影響が出てしまうくらいの不眠症だったので、調べて購入してみました。
眠れるようになったので、仕事中コックリする事がなくなりました。

…強すぎない薬ですが、重度の不眠症の方にも効果があるという事ですね。

■30代女性

就寝時間の30分前くらいの服用で眠れるので助かっています。
目覚めも悪くなく、これでこの値段ならリピできそうです。

…ジェネリックなので値段が安いっていうのが気軽に使い続けられるポイントですね。

■20代男性

精神的な障害はないのですが、
クラブで夜更かしする事が多いので、次の休み寝すぎてしまったらその夜眠れなくなるので、薬に頼るようになりました。結構使えますこれw

…そんな使い方があったんですねw気軽に使いすぎるのもよいですが、でも副作用にはご注意いただきたいと思いますw

■30代女性

眠れない夜でもものの20分で自然に寝付けます。
ハイプロンよりバスピン派です。市販薬なんて比較にならない効果があるので、ネットサーフィンしてたら見つけたので、出会えてよかったです。

…効果の弱い市販薬ではなかなか満足いく効果はないようですね、個人輸入代行サイトを見つけられてよかったですね。

■30代男性

1錠服用してましたが、耐性がついてきたのか、物足りなくなってきて2錠に増やしました。
するとちょうど良い目覚めになりました。

…効果があるのは良い事ですが、量を増やすときは医師への相談の上を推奨いたします。

■30代女性

睡眠薬系はいろいろ試してきましたが、頭痛とゲリに悩まされてきましたが、これは副作用は少ないと感じました。
しかも効果もあるので、切り替えて満足です。

…個人差がある副作用は、やはりいろいろ試してみるべきですね。ナイスチョイスができてよかったですね。

レビューを見ると、バスピンは抗うつ薬として、睡眠薬として、使い方は違いますがその安全性、安さなどが光ってますね。
ぜひ試した事がない人は試してみてもよいかもしれませんね。

 

以上、今、抗うつ剤ならバスピン!というお話でした。